高血糖が影響?骨粗しょう症

高血糖が影響?骨粗しょう症

骨粗しょう症は、閉経や加齢によって起こるタイプと、骨代謝に異常をきたす病気やステロイド剤の長期投与などによって起こるタイプのものがあります。
後者は二次性骨粗しょう症と呼ばれ、生活習慣病のひとつである糖尿病はこちらに含まれます。
糖尿病患者であっても適切なコントロールが行われていれば、すぐさま骨粗しょう症を発病するということはありません。
しかし、コントロールが行われておらず、血糖値が高い状態だと脆弱性骨折が起きる危険性はおよそ2倍になると言われています。

当初は糖尿病を患っていても骨密度への影響は見られなかったため、合併症としての骨粗しょう症はそれほど重要視されてきませんでした。
ところが、近年では高血糖と骨粗しょう症の関連性が認められはじめ、関連性が注目されるようになったのです。

高血糖の人の骨がもろくなりやすいというのは、インスリンの働きが関係しています。
糖尿病は膵臓から放出されるインスリンというホルモン量が少なくなる、あるいは働きが悪くなることで高血糖となる病気です。
インスリンはたんぱく質の合成や骨を生成する細胞の増殖を促します。
新しい骨を作り出す骨芽細胞には、インスリンと結合するための受容体が存在します。
インスリンは骨芽細胞を増やす働きをするため、インスリンが少なくなることで骨芽細胞は増えにくくなります。
そのため、新しい骨が形成しづらい状態となってしまうのです。

また、活性型ビタミンDはカルシウムの吸収を助ける働きをもちます。
しかし、活性型ビタミンDは腎臓でインスリンの働きによって生成されるため、インスリン不足が起きると必然的にカルシウムが吸収されにくい状態となります。
活性型ビタミンDは骨を形作る骨芽細胞の働きを高めますが、高血糖がつづくと骨芽細胞への働きが低下してしまいます。
こういった経過からカルシウム欠乏が引き起こされ、それを補うために骨内に蓄積されたカルシウムは血液に流れ出します。
これが骨密度の減少、骨粗しょう症を招くと言われているのです。

スポンサーリンク

高血糖が影響?骨粗しょう症 関連ページ

血糖値とは
血糖値は人間の健康状態を確認する手段の一つとして重要視されています。 血液中に含まれるブドウ糖の濃度を計ること […]
血糖コントロールについて
大雑把な言い方をすれば、糖尿病の改善や治療は血糖コントロールに尽きると言っても過言ではないと思います。 ただし […]
インスリンとは
インスリンは、血糖値の恒常性を維持するうえで重要なホルモンです。 おもなはたらきとしてはまず、血液中にあるブド […]
インシュリン抵抗とは何でしょう?検査や改善方法は?
目次1 インシュリン抵抗とは?/何が原因で起こる?2 インシュリン抵抗の有無はどのようにして調べる?/検査と数 […]
尿糖測定のメリットと目的
血糖は血液だけでなく尿中に漏れ出ることがあり、これを尿糖といいます。 血糖に限らず、尿に含まれる糖すべてを尿糖 […]
血糖自己測定のメリットと目的
糖尿病の治療では、合併症の進行を予防することに重点が置かれています。 それには、長期的に血糖をコントロールして […]
糖質ゼロ、糖質オフ、低糖、微糖、ノンカロリーetc.ってどゆ事?
糖質ゼロや糖質オフなどの言葉は、飲料水や食品などの表記によくつかわれます。 これらの言葉はどういった意味をもつ […]
血糖コントロール悪化による睡眠障害
人間は眠っているとき、体は眠った状態だが脳が起きているような「レム睡眠」、そして大脳皮質を休息させるための深い […]
食後血糖値の重要性が最近注目を集めています
食事を摂ったあと2時間が経過する頃には、健康な人だと血糖値は空腹時の数値に戻ります。 しかしながら、糖尿病予備 […]
血糖値と塩分は無関係?
血糖値と関わりがあるもの、数値が上昇する原因になるものは炭水化物や糖質です。 したがって、塩分とは無関係のよう […]

トラックバックURL

https://tonyobyo.minaoso.info/%e9%ab%98%e8%a1%80%e7%b3%96%e3%81%8c%e5%bd%b1%e9%9f%bf%ef%bc%9f%e9%aa%a8%e7%b2%97%e3%81%97%e3%82%87%e3%81%86%e7%97%87/trackback/