糖尿病の種類

糖尿病の種類

糖尿病のうち1型糖尿病は、血糖値を下げるホルモンであるインスリンが膵臓からほとんど分泌されなくなるというものです。

原因は自分の体内にあり、本来であれば病原菌を攻撃する役割を持つ免疫細胞が、誤って膵臓を攻撃するためであると考えられています。

10代から発症することもあり、体外からインスリン注射を行うということがおもな治療法です。

血液が酸性になってしまうという『糖尿病性ケトアシドーシス』を発症する危険性もあります。

2型糖尿病は、糖尿病になりやすい遺伝子を持った人が肥満や運動不足、喫煙などといった不摂生な生活習慣を送っていることが原因となって起こります。

インスリンの分泌が不十分である場合、臓器がインスリンを感知することができずブドウ糖を摂取することができなくなる場合というどちらも、2型糖尿病であるとされています。

インスリンが足りない場合には、よくあるイメージである肥満型の体型になっている場合が多く、インスリンが臓器に作用していないという場合には、体型がやせ型のままであっても発症します。

そのほか、遺伝子を持っていると必ず糖尿病になってしまうという遺伝子に由来する若年発症成人型糖尿病、ほかの病気が原因となって起こる続発性糖尿病、ステロイドの内服を原因とするステロイド糖尿病などといったものもあります。

特殊な糖尿病としては妊娠している間、一時的に血糖値が上がるという妊娠糖尿病もあります。

生活習慣が原因であるのではなく、妊娠中に発生しているホルモンによって臓器がインスリンを感知することができなくなり、ブドウ糖を摂取することができなくなるというものです。

そのほとんどは、出産後には解消します。

胎児への影響を考慮し、食事療法や厳しい管理によって治療されます。

スポンサーリンク

糖尿病の種類 関連ページ

インプラント治療との関係
インプラント治療とは、体に埋め込む形の医療機器や、それにまつわる治療法のことを言います。 心臓のペースメーカー […]
糖尿病患者の喫煙はどうなのか
目次1 喫煙は百害あって一利なし2 糖尿病患者への害 喫煙は百害あって一利なし 喫煙は交感神経を刺激して血糖を […]
心房細動との関係
心房細胞になると心拍の動きが過剰に増え、1分間で300回以上にもなると言われています。 通常であれば、安静時に […]
微量元素との関係
微量元素の不足が糖尿病などさまざまな病気に関わっているのではないかという研究は昔からされてきました。 微量元素 […]
性格との関係
糖尿病と人の性格には関係があるのでしょうか。 昔から「病は気から」と言われ、気の持ちようが病気のかかりやすさ・ […]
口の渇きについて
目次1 ドライマウス2 なぜ口が渇くのか ドライマウス 口の渇きは、「ドライマウス」とも呼ばれ、口がカサカサし […]
コーヒーとの関係
目次1 抗酸化作用とは2 クロロゲン酸がコーヒーには含まれている3 コーヒーは糖尿病のリスクを下げる 抗酸化作 […]
口臭との関係
糖尿病になると口臭がきつくなるという話を聞いたことがあるでしょうか。 糖尿病による口臭の原因はいくつかあります […]
リウマチとの関係
目次1 リウマチは合併症ではない2 免疫が暴走するのはなぜ? リウマチは合併症ではない 結論から言うと、リウマ […]
低体温との関係
目次1 低体温とは2 免疫と感染症3 予防と低体温の克服 低体温とは 低体温とは、平熱が36度以下の状態を指し […]

トラックバックURL

http://tonyobyo.minaoso.info/syurui/trackback/