食事での噛む回数、一口に30回を習慣付けたい!

食事での噛む回数、一口に30回を習慣付けたい!

血糖値の値を改善するためには、食事の際の噛む回数というのがとても大切になります。
よく噛むことによって脳にある満腹中枢が刺激され、血糖値の上昇を抑える効果があります。

一般的に一口に30回は噛むのが理想とされていますが、現実には難しいですよね。
とくに食生活を改善したばかりでは、食事の量が今までよりも少ないために、噛む回数を増やしても物足りなさを感じるかもしれません。

その場合には、料理に使う野菜などの大きさを少し大きめに切るなどして、どうしても噛む回数を増やさなければならない方向へと持って行きましょう。

では、何故食事の時の噛む回数が大事なのでしょうか。
血糖値が高い人にとって一番よくないのは、短時間に大量のものを食べてしまういわゆるドカ食いと呼ばれるものです。
これは、短時間に多量の糖分を摂取することになるため、血糖値を急激に上げてしまうことになりよくありません。

長時間食事を続けることによって、血糖値がゆるやかに上昇していくので、急激な血糖値の上昇を予防する効果があります。
合わせて咀嚼によって満腹中枢が刺激されますので、長時間満腹な状態が続くためダイエット効果も期待できます。

その他にも、唾液の分泌が増える事で、口の中の浄化作用、消化器官の負担を減らす、脳の活性化で認知症予防になるなど、咀嚼の効果には良い事がいっぱいあります。

厳しいカロリー制限のある糖尿病の方にとっても、より満腹感を感じる事が出来、尚且つカロリーを抑える事が出来る食事の方法ではないでしょうか。

ぜひ、「食事の時は一口に30回」を心がけ、これが当たり前になるような習慣を身に着けたいものです。

スポンサーリンク

食事での噛む回数、一口に30回を習慣付けたい! 関連ページ

メイプルフーズ株式会社の全国宅配食事セットの効果・効能・口コミは?
目次1 メイプルフーズ株式会社【美健倶楽部】の全国宅配食事セットとは2 全国宅配食事セット“BC400”とは3 […]
糖尿病の食事療法1:三大栄養素をカロリー計算して3食きちんと摂る
糖尿病の治療で薬を用いることがありますが、基本となるのは食事療法だと言われています。 糖尿病の食事療法では三大 […]
糖尿病の食事療法2:低炭水化物(低糖質)食
糖尿病治療の主体は食事療法と言われており、以前からさまざまな食事療法が試されてきました。 低炭水化物食はそのな […]
低炭水化物(低糖質)食は外食もOK!注意点は?
低炭水化物食という考え方はもともとアメリカで生まれましたが、日本でも少しずつ浸透してきています。 欧米人は炭水 […]
炭水化物・糖質・糖類の違いとは?
炭水化物や糖質、糖類などは最近よく聞かれる言葉ですが、その違いを明確にわかっている人はあまり多くないようです。 […]
外食時の血糖値を抑えるポイント
糖尿病の患者が外食をするのはあまりよろしくないとされていますが、絶対に外食してはいけないわけではありません。 […]
食品のGI値について知っておいて下さい
血糖値が高めで心配だという人は、数値を下げる対策をはじめる前に食品のGI値について知っておいたほうがよいでしょ […]
血糖値を抑える為に食事の時間を気に留めて!
食事の基本としては1日3回、毎日一定の時間で摂ることが推奨されています。 しかしながら、血糖値を下げる対策をし […]
食べる順番で血糖値を抑える
糖尿病の人や血糖値が気になる人は、食事の順番を変えることで数値の上昇を抑えるのに効果的です。 どんなものから順 […]
血糖値と「脂肪」「たんぱく質」「炭水化物」の関係
脂肪、たんぱく質、炭水化物では、血糖値に及ぼす影響が異なります。 実際に摂取した場合、どれだけの速度で血糖値に […]

トラックバックURL

https://tonyobyo.minaoso.info/syokuji_kamu/trackback/