糖尿病性神経障害

糖尿病性神経障害

糖尿病の3大合併症の3つ目は、糖尿病性神経障害です。神経にも影響を及ぼすことを、糖尿病の基礎知識として押さえておくべきです。
糖尿病性神経障害は、比較的早期から現れます。

糖尿病神経障害には、大きく末梢神経障害と自律神経障害があります。
末梢神経には痛みや温度を感じる感覚神経、手や足などを動かす運動神経があります。

高血糖が持続すると、感覚神経から障害が現れてきます。感覚障害は手や足の先から、左右対称にあらわれてきます。
手や足の指先が疼いたりしびれや痛み、また身体を虫が這うような感覚になります。

さらに進行すると、運動神経にも障害が現れます。
筋肉に力が入りにくくなったり、目を動かす神経が麻痺してものが二重に見えたりもします。

末梢神経障害になると、ケガをしたりコタツなどでヤケドをしても気が付くことが遅れ、そこが化膿して壊疽になってしまうなど、重大なことになる可能性もあります。

自律神経は、呼吸や内臓や血管について意識とは無関係に司っている神経です。つまり、人間の健康な生命活動を維持するための神経なのです。
自律神経に障害が生じると、さまざまな症状が現れてきます。

胃のもたれ、便秘や下痢、立ちくらみ、排尿困難やインポテンツなどです。
ただ、低血糖や心筋梗塞が起こっても、自覚症状が起こらない可能性があります。
その場合、重大な結果を招きかねません。

糖尿病性神経障害は、血糖値がコントロールによって改善すれば、治ることもあります。ですが日常生活に支障がでるほどになると、神経が元に戻らないこともあります。
まさしく全身に至る病であることを、糖尿病の基礎知識として知っておきましょう。

スポンサーリンク

糖尿病性神経障害 関連ページ

糖尿病の合併症について
ここで糖尿病の合併症についてご紹介します。 糖尿病を発症し、放置すると現れてくる3大合併症といわれる症状があり […]
糖尿病神経障害の段階ごとの治療について
糖尿病神経障害は、進行すると最悪の場合は切断を余儀なくされてしまいますが、早期発見治療により改善することも決し […]
糖尿病性腎症
糖尿病の3大合併症のひとつに、糖尿病性腎症があります。 糖尿病イコール糖尿病性腎症であると、糖尿病の基礎知識と […]
糖尿病性腎症の段階ごとの治療について
糖尿病性腎症は第1~5期までの病期がありますが、各段階で選択される治療方法は異なります。 第1期から順番に受け […]
糖尿病網膜症
糖尿病の基礎知識として知っておきたいのが、糖尿病の3大合併症です。 糖尿病網膜症、糖尿病性神経障害、糖尿病性腎 […]
糖尿病網膜症の段階ごとの治療について
糖尿病で血糖コントロールが不良な状態にあると、糖尿病網膜症が引き起こされてしまいます。 この糖尿病網膜症は単純 […]
糖尿病の急性合併症:糖尿病ケトアシドーシス
糖尿病によって起こる合併症はいくつかあり、そのひとつが糖尿病ケトアシドーシスです。 糖尿病ケトアシドーシスは、 […]
糖尿病の急性合併症:高浸透圧高血糖症候群
糖尿病が原因で起こる高血糖性急性代謝失調のひとつが、高浸透圧高血糖症候群です。 2型糖尿病を発症した人が、ステ […]

トラックバックURL

http://tonyobyo.minaoso.info/shinkeisyogai/trackback/