血糖自己測定のメリットと目的

血糖自己測定のメリットと目的

糖尿病の治療では、合併症の進行を予防することに重点が置かれています。
それには、長期的に血糖をコントロールしていくことが大切となります。
血糖値は通常は病院での受診時に測定されますが、それだとこまやかな数値の変化を確認することがむずかしいと言えます。
血糖値は食事の内容や体調、食事からの経過時間などによって、変わってくるのでできるだけ頻繁に測定することが望ましいのです。
そこで医療機関ではHbA1cと呼ばれる1~2ヶ月分の血糖コントロールを示す数値を参考にしますが、1日のうちに数値がどう変動したのか、食後の血糖値の上昇などについては把握しきれないのが現状です。

どのタイミングで血糖が上昇するのか、薬や運動療法、食事療法などによる好影響は見られるのかといったことを確認するには、血糖自己測定は効果できだと言えます。
血糖自己測定は文字通り、自分で血糖値を測定することを指します。
自ら血糖値を測定することは、血糖コントロールの状態を知るとともに、治療への効率的な反映を可能にします。
さまざまな生活習慣が血糖に及ぼす影響、病状との関連性などもリアルタイムで把握することができるため、多くのことを治療に活かすことができるのがメリットと言えるのです。

定期的に血糖自己測定を行うことで、高レベルの血糖コントロールが実現します。
その結果、短期的には低血糖やケトアシドーシスなど急性の合併症の予防、長期的には網膜症や腎症など慢性合併症の発病や進行の予防へとつなげることができます。
特にインスリン注射を行っている場合は、注射量の調整のために自己血糖測定は必須と言えるでしょう。

血糖自己測定の結果はもれなく記録し、通院した際に主治医に確認してもらいます。
主治医はそのデータとHbA1c検査の結果などを踏まえて、今後の治療方針を決定していきます。
血糖自己測定時には数値だけでなく、気づいたことや体の変化などを一緒に記録しておくことで、治療の助けになることもあると言われています。

スポンサーリンク

血糖自己測定のメリットと目的 関連ページ

血糖値とは
血糖値は人間の健康状態を確認する手段の一つとして重要視されています。 血液中に含まれるブドウ糖の濃度を計ること […]
血糖コントロールについて
大雑把な言い方をすれば、糖尿病の改善や治療は血糖コントロールに尽きると言っても過言ではないと思います。 ただし […]
インスリンとは
インスリンは、血糖値の恒常性を維持するうえで重要なホルモンです。 おもなはたらきとしてはまず、血液中にあるブド […]
インシュリン抵抗とは何でしょう?検査や改善方法は?
目次1 インシュリン抵抗とは?/何が原因で起こる?2 インシュリン抵抗の有無はどのようにして調べる?/検査と数 […]
尿糖測定のメリットと目的
血糖は血液だけでなく尿中に漏れ出ることがあり、これを尿糖といいます。 血糖に限らず、尿に含まれる糖すべてを尿糖 […]
高血糖が影響?骨粗しょう症
骨粗しょう症は、閉経や加齢によって起こるタイプと、骨代謝に異常をきたす病気やステロイド剤の長期投与などによって […]
糖質ゼロ、糖質オフ、低糖、微糖、ノンカロリーetc.ってどゆ事?
糖質ゼロや糖質オフなどの言葉は、飲料水や食品などの表記によくつかわれます。 これらの言葉はどういった意味をもつ […]
血糖コントロール悪化による睡眠障害
人間は眠っているとき、体は眠った状態だが脳が起きているような「レム睡眠」、そして大脳皮質を休息させるための深い […]
食後血糖値の重要性が最近注目を集めています
食事を摂ったあと2時間が経過する頃には、健康な人だと血糖値は空腹時の数値に戻ります。 しかしながら、糖尿病予備 […]
血糖値と塩分は無関係?
血糖値と関わりがあるもの、数値が上昇する原因になるものは炭水化物や糖質です。 したがって、塩分とは無関係のよう […]

トラックバックURL

http://tonyobyo.minaoso.info/%e8%a1%80%e7%b3%96%e8%87%aa%e5%b7%b1%e6%b8%ac%e5%ae%9a%e3%81%ae%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%a8%e7%9b%ae%e7%9a%84/trackback/