糖尿病網膜症の段階ごとの治療について

糖尿病網膜症の段階ごとの治療について

糖尿病で血糖コントロールが不良な状態にあると、糖尿病網膜症が引き起こされてしまいます。

この糖尿病網膜症は単純糖尿病網膜症、増殖前糖尿病網膜症、増殖糖尿病網膜症の病期があり、最悪の場合には失明にいたることにもなりかねません。

ただ、成す術もなく進行していくわけではなく、各病期で適切な治療を受けることで、悪化を抑えることが可能です。

おもな治療方法としてはレーザー治療(網膜光凝固術)と硝子体手術がありますが、個々の特徴と選択される病期について述べていきますので、参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

まず、レーザー治療に関してですが、これは網膜の組織に照射する方法です。

レーザーを照射することで網膜が凝固し、酸素不足の問題が解決することによって、新生血管があらわれるのを防ぐ効果を期待することができます。

増殖前糖尿病網膜症、増殖糖尿病網膜症の病期で選択されるほか、糖尿病黄斑浮腫のむくみをなくすためにレーザー治療がおこなわれることもあります。

次に硝子体手術ですが、これは増殖糖尿病網膜症の病期で選択されることになるのが一般的です。

増殖糖尿病網膜症の段階に突入すると、新生血管が破れて眼球内で血が広がる硝子体出血、新生血管からしみ出した成分によりつくり出される増殖膜が原因で起こる牽引性網膜剥離が引き起こされてしまう恐れがあります。

硝子体手術は、この病期における出血や増殖膜を取り除くことを目的におこなわれる形になるのです。

また、レーザー治療と同様に、硝子体手術も糖尿病黄斑浮腫によるむくみの症状を改善するために選択されるケースがあります。

なお、糖尿病網膜症のもっとも初期の段階である単純糖尿病網膜症では、上述したような特別な治療がおこなわれることはないのが一般的です。

しかしながら、自覚症状はないものの軽微な眼底出血や白斑の症状といった異変が起こっているのはたしかですので、定期的に経過観察のため医療機関を受診しなければいけません。

スポンサーリンク

糖尿病網膜症の段階ごとの治療について 関連ページ

糖尿病の合併症について
ここで糖尿病の合併症についてご紹介します。 糖尿病を発症し、放置すると現れてくる3大合併症といわれる症状があり […]
糖尿病性神経障害
糖尿病の3大合併症の3つ目は、糖尿病性神経障害です。神経にも影響を及ぼすことを、糖尿病の基礎知識として押さえて […]
糖尿病神経障害の段階ごとの治療について
糖尿病神経障害は、進行すると最悪の場合は切断を余儀なくされてしまいますが、早期発見治療により改善することも決し […]
糖尿病性腎症
糖尿病の3大合併症のひとつに、糖尿病性腎症があります。 糖尿病イコール糖尿病性腎症であると、糖尿病の基礎知識と […]
糖尿病性腎症の段階ごとの治療について
糖尿病性腎症は第1~5期までの病期がありますが、各段階で選択される治療方法は異なります。 第1期から順番に受け […]
糖尿病網膜症
糖尿病の基礎知識として知っておきたいのが、糖尿病の3大合併症です。 糖尿病網膜症、糖尿病性神経障害、糖尿病性腎 […]
糖尿病の急性合併症:糖尿病ケトアシドーシス
糖尿病によって起こる合併症はいくつかあり、そのひとつが糖尿病ケトアシドーシスです。 糖尿病ケトアシドーシスは、 […]
糖尿病の急性合併症:高浸透圧高血糖症候群
糖尿病が原因で起こる高血糖性急性代謝失調のひとつが、高浸透圧高血糖症候群です。 2型糖尿病を発症した人が、ステ […]

トラックバックURL

http://tonyobyo.minaoso.info/%e7%b3%96%e5%b0%bf%e7%97%85%e7%b6%b2%e8%86%9c%e7%97%87%e3%81%ae%e6%ae%b5%e9%9a%8e%e3%81%94%e3%81%a8%e3%81%ae%e6%b2%bb%e7%99%82%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/trackback/