糖尿病患者の喫煙はどうなのか

糖尿病患者の喫煙はどうなのか

喫煙は百害あって一利なし

喫煙は交感神経を刺激して血糖を上昇させるだけではなく、体内のインスリンの働きを妨げる作用があります。
したがって、喫煙は糖尿病の原因になります。たばこを吸うひとは、糖尿病に関係する他の要因(BMI・身体活動・飲酒など)を調整しても、たばこを吸わない人の1.4倍糖尿病にかかりやすいことが報告されています。
また、喫煙は、心筋梗塞、脳卒中、がん、喘息、歯周病などの病気のリスクもともにあげることがわかっています。
たばこによって交感神経が刺激されると、やる気がでたり、すっきりしたりすると感じます。
こう言った一時的な快感が、喫煙の魅力なのでしょうが、体に与える害のほうがはるかに多いのが現状です。

糖尿病患者への害

喫煙が血糖コントロールを乱したり、インスリンの働きに悪影響をおよぼしたりすることは、直接的にはありません。
しかし、喫煙によって生じる血管への障害が、膵臓などさまざまなところに悪影響を与えるのはまぎれもない事実です。
喫煙にはさまざまなリスクがありますが、糖尿病患者にとって致命的な問題になるのは、喫煙が引き起こす血管への障害です。
糖尿病の合併症は、血管の劣化と関係があります。
高血糖の状態が長く続くと、血管が障害を受けるためです。
血管は、身体中くまなくありますから、例えば目の網膜の血管から血がにじみだすと失明の原因になります。
腎臓も、細かい血管の集合体ですから、その血管が障害をうけると腎不全などが起こります。
また、糖尿病は動脈硬化を引き起こしやすいのですが、喫煙はそのリスクをさらに増悪させます。
このように、血管の健康という観点からみると、糖尿病患者の喫煙は非常に危険です。
糖尿病になったら、禁煙を是非とも成功させましょう。
禁煙外来は保険診療の対象ですし、治療法としてはニコチンパッチやニコチンガムなどを利用できます。
「タバコをやめる!」という強い意志は必要ですが、医療的なサポートを受けられるという点で、禁煙外来を利用すれば心強いでしょう。

スポンサーリンク

糖尿病患者の喫煙はどうなのか 関連ページ

インプラント治療との関係
インプラント治療とは、体に埋め込む形の医療機器や、それにまつわる治療法のことを言います。 心臓のペースメーカー […]
心房細動との関係
心房細胞になると心拍の動きが過剰に増え、1分間で300回以上にもなると言われています。 通常であれば、安静時に […]
微量元素との関係
微量元素の不足が糖尿病などさまざまな病気に関わっているのではないかという研究は昔からされてきました。 微量元素 […]
性格との関係
糖尿病と人の性格には関係があるのでしょうか。 昔から「病は気から」と言われ、気の持ちようが病気のかかりやすさ・ […]
口の渇きについて
目次1 ドライマウス2 なぜ口が渇くのか ドライマウス 口の渇きは、「ドライマウス」とも呼ばれ、口がカサカサし […]
コーヒーとの関係
目次1 抗酸化作用とは2 クロロゲン酸がコーヒーには含まれている3 コーヒーは糖尿病のリスクを下げる 抗酸化作 […]
口臭との関係
糖尿病になると口臭がきつくなるという話を聞いたことがあるでしょうか。 糖尿病による口臭の原因はいくつかあります […]
リウマチとの関係
目次1 リウマチは合併症ではない2 免疫が暴走するのはなぜ? リウマチは合併症ではない 結論から言うと、リウマ […]
低体温との関係
目次1 低体温とは2 免疫と感染症3 予防と低体温の克服 低体温とは 低体温とは、平熱が36度以下の状態を指し […]
ストレスとの関係
ストレスも糖尿病の原因の一つであると考えられています。 ストレスが糖尿病にどのように絡んでいくのかにはさまざま […]

トラックバックURL

https://tonyobyo.minaoso.info/%e7%b3%96%e5%b0%bf%e7%97%85%e6%82%a3%e8%80%85%e3%81%ae%e5%96%ab%e7%85%99%e3%81%af%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%aa%e3%81%ae%e3%81%8b/trackback/