糖尿病性腎症の段階ごとの治療について

糖尿病性腎症の段階ごとの治療について

糖尿病性腎症は第1~5期までの病期がありますが、各段階で選択される治療方法は異なります。

第1期から順番に受けることになる治療方法についてわかりやすく解説していきますので、この情報が気になっているという人はぜひご覧ください。

まず第1期ですが、血糖コントロールをする形になります。

糖尿病性腎症を発病していなくても、糖尿病とわかった時点で厳しく血糖管理をしていくことになりますので、コントロールが不良にならないように頑張りましょう。

なお、この段階であればまだ腎臓を健康な状態にまで戻せる見込みがあります。

次に第2期ですが、この段階に足を踏み入れた際にはより厳しく血糖管理をしていかなければなりません。

また、この病期では高血圧が引き起こされはじめ、血圧を管理しなければいけない状態に陥るため、厳格な血糖管理以外に降圧治療も受ける形になるのが一般的です。

第3期に関しては、不可逆病変といって、もはやもとの正常な状態にまで回復させることはできない状態に陥っています。

進行の遅延を目的に厳しく血糖コントロールをおこなうほか、降圧治療、さらには持続性のたんぱく尿がみとめられるようになるためたんぱく質のコントロールをするための治療も受けなくてはいけません。

第4期の腎不全期を迎える頃にはかなり糖尿病性腎症も悪化しており、降圧治療のほか低たんぱく食を取り入れた治療を受けることになります。

なお、相当に腎機能が低下しているため、インスリンが体の中に溜め込まれて血糖コントロールをする必要がなくなるケースもあるのが4期の治療の特徴です。

そのほか、この病期では透析療法も検討しなければいけなくなります。

そしていよいよ第5期ですが、透析を導入し生命を少しでも長く維持していくための治療を受ける形になります。

なお、透析を導入したとしても5年生存率は約50%とかなり低いため、ここまでの段階にいたることのないようにしたいところです。

また、ほかの選択肢としては腎移植による治療方法を挙げることができますが、高い治療効果は期待できるものの、希望すれば必ず移植を受けられるというわけではありません。

スポンサーリンク

糖尿病性腎症の段階ごとの治療について 関連ページ

糖尿病の合併症について
ここで糖尿病の合併症についてご紹介します。 糖尿病を発症し、放置すると現れてくる3大合併症といわれる症状があり […]
糖尿病性神経障害
糖尿病の3大合併症の3つ目は、糖尿病性神経障害です。神経にも影響を及ぼすことを、糖尿病の基礎知識として押さえて […]
糖尿病神経障害の段階ごとの治療について
糖尿病神経障害は、進行すると最悪の場合は切断を余儀なくされてしまいますが、早期発見治療により改善することも決し […]
糖尿病性腎症
糖尿病の3大合併症のひとつに、糖尿病性腎症があります。 糖尿病イコール糖尿病性腎症であると、糖尿病の基礎知識と […]
糖尿病網膜症
糖尿病の基礎知識として知っておきたいのが、糖尿病の3大合併症です。 糖尿病網膜症、糖尿病性神経障害、糖尿病性腎 […]
糖尿病網膜症の段階ごとの治療について
糖尿病で血糖コントロールが不良な状態にあると、糖尿病網膜症が引き起こされてしまいます。 この糖尿病網膜症は単純 […]
糖尿病の急性合併症:糖尿病ケトアシドーシス
糖尿病によって起こる合併症はいくつかあり、そのひとつが糖尿病ケトアシドーシスです。 糖尿病ケトアシドーシスは、 […]
糖尿病の急性合併症:高浸透圧高血糖症候群
糖尿病が原因で起こる高血糖性急性代謝失調のひとつが、高浸透圧高血糖症候群です。 2型糖尿病を発症した人が、ステ […]

トラックバックURL

http://tonyobyo.minaoso.info/%e7%b3%96%e5%b0%bf%e7%97%85%e6%80%a7%e8%85%8e%e7%97%87%e3%81%ae%e6%ae%b5%e9%9a%8e%e3%81%94%e3%81%a8%e3%81%ae%e6%b2%bb%e7%99%82%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/trackback/