糖尿病の急性合併症:高浸透圧高血糖症候群

糖尿病の急性合併症:高浸透圧高血糖症候群

糖尿病が原因で起こる高血糖性急性代謝失調のひとつが、高浸透圧高血糖症候群です。
2型糖尿病を発症した人が、ステロイド薬や利尿薬の投与、高カロリー輸液、手術、脳血管障害、感染症などの影響でインスリン作用が弱まった場合の高血糖によって起こります。
症状はすぐにあらわれることはなく、なんらかの原因が起きた数日後に見られることが多いと言われています。
症状は時間を比較的ゆっくりと、少しずつ悪化していく傾向にあります。
高血糖の状態となると浸透圧利尿が起こり、体内の水分は著しく減少します。
それによりさらなる高血糖と高度の脱水が引き起こされ、循環不全の状態となります。

高浸透圧高血糖症候群は高齢者が発症しやすい傾向にあります。
倦怠感や多尿、体重減少、脱水による多飲、意識障害などが起こります。
意識障害は急激に起こることはほとんどないですが、高浸透圧や脱水が悪化するにつれて深くなると言われています。
場合によっては、1ヶ月近く意識障害が継続することもあります。
さらに、病的反射の出現や一側性の腱反射亢進、片麻痺、皮膚や口の乾き、頻脈、血圧の低下などの症状が見られることもあります。

高浸透圧高血糖症候群になったら、できるだけ早く医師に相談して早い段階で適切な治療を開始することが大切です。
主な治療は、インスリンの投与や電解質の補充、脱水の補水などです。

脱水状態が悪化すると、昏睡に至ることもめずらしくありません。
昏睡が何度も起こることもあるので、十分に注意するようにしましょう。
治療が遅れることで死亡してしまうケースもあるので、なんらかの異常を自覚したら時間をおかずに医師に相談するようにしましょう。
早く適切な治療を行えば、数時間で症状が改善に向かうこともあります。
また、昏睡や意識障害が起こると、自分ひとりでは対処することが困難となります。
糖尿病やそれによる合併症のことを事前に身近な人に伝えて、異常が起きたときに対処してもらえるようにしておくことが大切です。

スポンサーリンク

糖尿病の急性合併症:高浸透圧高血糖症候群 関連ページ

糖尿病の合併症について
ここで糖尿病の合併症についてご紹介します。 糖尿病を発症し、放置すると現れてくる3大合併症といわれる症状があり […]
糖尿病性神経障害
糖尿病の3大合併症の3つ目は、糖尿病性神経障害です。神経にも影響を及ぼすことを、糖尿病の基礎知識として押さえて […]
糖尿病神経障害の段階ごとの治療について
糖尿病神経障害は、進行すると最悪の場合は切断を余儀なくされてしまいますが、早期発見治療により改善することも決し […]
糖尿病性腎症
糖尿病の3大合併症のひとつに、糖尿病性腎症があります。 糖尿病イコール糖尿病性腎症であると、糖尿病の基礎知識と […]
糖尿病性腎症の段階ごとの治療について
糖尿病性腎症は第1~5期までの病期がありますが、各段階で選択される治療方法は異なります。 第1期から順番に受け […]
糖尿病網膜症
糖尿病の基礎知識として知っておきたいのが、糖尿病の3大合併症です。 糖尿病網膜症、糖尿病性神経障害、糖尿病性腎 […]
糖尿病網膜症の段階ごとの治療について
糖尿病で血糖コントロールが不良な状態にあると、糖尿病網膜症が引き起こされてしまいます。 この糖尿病網膜症は単純 […]
糖尿病の急性合併症:糖尿病ケトアシドーシス
糖尿病によって起こる合併症はいくつかあり、そのひとつが糖尿病ケトアシドーシスです。 糖尿病ケトアシドーシスは、 […]

トラックバックURL

http://tonyobyo.minaoso.info/%e7%b3%96%e5%b0%bf%e7%97%85%e3%81%ae%e6%80%a5%e6%80%a7%e5%90%88%e4%bd%b5%e7%97%87%ef%bc%9a%e9%ab%98%e6%b5%b8%e9%80%8f%e5%9c%a7%e9%ab%98%e8%a1%80%e7%b3%96%e7%97%87%e5%80%99%e7%be%a4/trackback/