糖尿病と言われたら「足に注意」を心掛けよう

糖尿病と言われたら「足に注意」を心掛けよう

糖尿病と足は一見関係ないように思えますが、実は深い関係性にあります。
普段の生活のなかで足に注意を向けることはあまりないでしょうが、糖尿病と診断されたら足に気を配る必要があります。

糖尿病によって高血糖の状態が継続すると、神経障害や動脈硬化などによる血流障害が発生しやすくなります。
神経障害が起こると痛みに対して鈍感な状態となるので、火傷や怪我などに気づきにくくなります。
動脈硬化が悪化して血流障害が起きると体の末端である足には血液が行き渡りにくくなり、細胞にとって不可欠な酸素や栄養の供給が滞るようになります。

さらに、高血糖によって細菌や真菌などに対する免疫力が弱まります。
その影響で傷の完治が遅れたり、傷口が化膿しやすくなったりします。
こういったことは足に限らず全身に言えることですが、足は手などと比較すると目で見ることが少ない部位です。
そのため、足の異変に気づくのが遅れてしまうことがあるので、しっかり注意を向けておく必要があるのです。
しかも、血流や免疫力の低下は心臓から遠い部位、つまり足に起こりやすいのでなおさら気をつけなくてはいけません。

日常生活のなかで、知らないうちに靴連れが生じていた、水虫の状態が悪くなっていたということは珍しくありません。
この自覚のないまま、なんらかの症状があらわれる、あるいは悪化しているという状態が糖尿病患者にとっては危険なのです。
ちょっとした怪我であっても、免疫力低下の影響を受けて、自然に傷が治らないということもあります。
そのまま時間が経過すると傷口の状態がさらに悪くなって、思わぬダメージを受けることもあるでしょう。

糖尿病と診断された人は、日常的にくるぶしやかかと、指の間、指先などを詳細に見る習慣をつけることが大切です。
そして、少しでも異変を感じたら、時間をおかずに医師に相談するようにしましょう。
また、足を常に清潔に保って感染症の危険性を少なくする、感覚低下による怪我や低温火傷などに気をつけるといったことも頭に入れておく必要があります。

スポンサーリンク

糖尿病と言われたら「足に注意」を心掛けよう 関連ページ

インプラント治療との関係
インプラント治療とは、体に埋め込む形の医療機器や、それにまつわる治療法のことを言います。 心臓のペースメーカー […]
糖尿病患者の喫煙はどうなのか
目次1 喫煙は百害あって一利なし2 糖尿病患者への害 喫煙は百害あって一利なし 喫煙は交感神経を刺激して血糖を […]
心房細動との関係
心房細胞になると心拍の動きが過剰に増え、1分間で300回以上にもなると言われています。 通常であれば、安静時に […]
微量元素との関係
微量元素の不足が糖尿病などさまざまな病気に関わっているのではないかという研究は昔からされてきました。 微量元素 […]
性格との関係
糖尿病と人の性格には関係があるのでしょうか。 昔から「病は気から」と言われ、気の持ちようが病気のかかりやすさ・ […]
口の渇きについて
目次1 ドライマウス2 なぜ口が渇くのか ドライマウス 口の渇きは、「ドライマウス」とも呼ばれ、口がカサカサし […]
コーヒーとの関係
目次1 抗酸化作用とは2 クロロゲン酸がコーヒーには含まれている3 コーヒーは糖尿病のリスクを下げる 抗酸化作 […]
口臭との関係
糖尿病になると口臭がきつくなるという話を聞いたことがあるでしょうか。 糖尿病による口臭の原因はいくつかあります […]
リウマチとの関係
目次1 リウマチは合併症ではない2 免疫が暴走するのはなぜ? リウマチは合併症ではない 結論から言うと、リウマ […]
低体温との関係
目次1 低体温とは2 免疫と感染症3 予防と低体温の克服 低体温とは 低体温とは、平熱が36度以下の状態を指し […]

トラックバックURL

http://tonyobyo.minaoso.info/%e7%b3%96%e5%b0%bf%e7%97%85%e3%81%a8%e8%a8%80%e3%82%8f%e3%82%8c%e3%81%9f%e3%82%89%e3%80%8c%e8%b6%b3%e3%81%ab%e6%b3%a8%e6%84%8f%e3%80%8d%e3%82%92%e5%bf%83%e6%8e%9b%e3%81%91%e3%82%88%e3%81%86/trackback/