心房細動との関係

心房細動との関係

心房細胞になると心拍の動きが過剰に増え、1分間で300回以上にもなると言われています。
通常であれば、安静時における心拍数は1分間に60から100回程度です。
心房細胞になると速く、不規則な動きになってしまうのです。
心房細胞は糖尿病と併発することが多く、糖尿病の予防が心房細胞の予防にも繋がります。

心房細胞になりやすい人

年齢が上がっていくほどに発生率が高くなると言われています。
女性よりも男性に起こりやすく、糖尿病、心筋梗塞などの心臓の疾患、肺疾患などと併発することが多いと言われています。
しかしながら、健康な人に症状が現れないわけではなく、アルコールやカフェインの摂り過ぎ、慢性的な睡眠不足、ストレスなどが原因でも起こりやすいとされます。
心房細胞になると動機・息切れが起こりやすくなり、疲れやすさを感じやすくなる症状がありますが、最も問題なのは脳梗塞の発生率が高くなるという点です。

糖尿病と心房細胞

心房細胞は糖尿病やさまざまな心疾患と併発されることが多いとされます。
そのため、まずは糖尿病の予防、または糖尿病の治療を行うのが一般的です。
心房細胞の怖さは脳梗塞発生率の高さなので、背景になる病気の予防が心房細胞からくる脳梗塞の予防に繋がります。

糖尿病治療後の心房細胞のケアは?

糖尿病の治療を受けつつ心房細胞の治療を行う場合は、抗血栓療法、薬での治療、カテーテルを用いた療法があります。
抗血栓療法は、血液の中の血栓をできにくくする予防の療法です。
カテーテルを用いた療法は、薬での治療が難しい場合に、カテーテルで心房細胞の原因となっている部分を焼いて治療をするものです。

糖尿病の予防が心房細胞の予防にもなる

糖尿病を意識して予防することで、心房細胞の予防を効果的に行うことができます。
普段の生活習慣の見直し、食べ物の見直しをすることで糖尿病の予防をしていきましょう。
近年の糖尿病は若い世代にも広がりつつあります。
心房細胞は糖尿病を背景としなくても起こることはあるので、少しでも体に異常を感じたら病院での診察を受けてください。

スポンサーリンク

心房細動との関係 関連ページ

インプラント治療との関係
インプラント治療とは、体に埋め込む形の医療機器や、それにまつわる治療法のことを言います。 心臓のペースメーカー […]
糖尿病患者の喫煙はどうなのか
目次1 喫煙は百害あって一利なし2 糖尿病患者への害 喫煙は百害あって一利なし 喫煙は交感神経を刺激して血糖を […]
微量元素との関係
微量元素の不足が糖尿病などさまざまな病気に関わっているのではないかという研究は昔からされてきました。 微量元素 […]
性格との関係
糖尿病と人の性格には関係があるのでしょうか。 昔から「病は気から」と言われ、気の持ちようが病気のかかりやすさ・ […]
口の渇きについて
目次1 ドライマウス2 なぜ口が渇くのか ドライマウス 口の渇きは、「ドライマウス」とも呼ばれ、口がカサカサし […]
コーヒーとの関係
目次1 抗酸化作用とは2 クロロゲン酸がコーヒーには含まれている3 コーヒーは糖尿病のリスクを下げる 抗酸化作 […]
口臭との関係
糖尿病になると口臭がきつくなるという話を聞いたことがあるでしょうか。 糖尿病による口臭の原因はいくつかあります […]
リウマチとの関係
目次1 リウマチは合併症ではない2 免疫が暴走するのはなぜ? リウマチは合併症ではない 結論から言うと、リウマ […]
低体温との関係
目次1 低体温とは2 免疫と感染症3 予防と低体温の克服 低体温とは 低体温とは、平熱が36度以下の状態を指し […]
ストレスとの関係
ストレスも糖尿病の原因の一つであると考えられています。 ストレスが糖尿病にどのように絡んでいくのかにはさまざま […]

トラックバックURL

http://tonyobyo.minaoso.info/%e5%bf%83%e6%88%bf%e7%b4%b0%e5%8b%95%e3%81%a8%e3%81%ae%e9%96%a2%e4%bf%82/trackback/