ビグアナイド薬(BG薬)

ビグアナイド薬(BG薬)

肝臓では常時ブドウ糖が生み出され、血液中に流れ出しています。
肝臓で糖をつくる過程は、分解と糖新生に大別することができます。
糖新生は乳酸やアミノ酸などブドウ糖以外の物質からブドウ糖を作り出すことをいい、インスリンはこの働きが強くなりすぎないようにコントロールしています。

2型糖尿病ではインスリンが分泌しづらくなりなること、インスリン抵抗性が起こることで、この糖新生の働きが強くなります。
ビグアナイド薬は働きが強まった糖新生を弱めることで、空腹時の血糖を低下させます。
また、骨格筋などのインスリン感受性を改善させてブドウ糖の吸収を増やすといった働きや、腸で生じるブドウ糖吸収を抑制させるといった働きもあります。
そのため、インスリン抵抗性の改善にもつながり、食後血糖値を正常な状態へ戻すことができるのです。

ビグアナイド薬は SU薬やインスリン療法のみの治療で血糖値が改善されない場合に同時に用いられることがあります。
SU薬やインスリン投与量を減らせるケースもあり、β細胞の負担をやわらげる、高インスリン血症の状態がよくなる場合もあります。

また、ピグアナイド薬はインスリンの分泌に影響を及ぼすことがないため、低血糖のリスクは比較的低いと言われています。
しかし、ほかの薬剤の服用やインスリン両方との併用、アルコール摂取などによって危険性が高まることもあるので気をつける必要があります。
ごくわずかですが、血液中に乳酸が蓄積して意識障害が起こる、乳酸アシドーシスという副作用が起こることもあります。

ビグアナイド薬を用いる場合は、ほかの糖尿病治療薬と同様に運動療法や食事療法を十分に実施している必要があります。
また、高齢者や下垂体・副腎機能不全、アルコールの大量摂取、循環障害、肺・腎臓・肝臓・心臓の機能障害などが見られる場合は、使用が禁止されます。
下痢や食欲不振、吐き気などの消化器の不調、筋肉痛や倦怠感などがある場合は、医師に相談するようにしましょう。

スポンサーリンク

ビグアナイド薬(BG薬) 関連ページ

薬物療法の特徴や注意点
糖尿病の治療としては食事療法、運動療法、薬物療法を挙げることができます。 ここではこれらの治療法のうち、薬物療 […]
インクレチン関連薬(GLP-1受容体作動薬)
食事療法や運動療法をおこなっても血糖コントロールが上手くいかない場合、糖尿病の治療法の一つである薬物療法が選択 […]
スルホニル尿素薬(SU薬)
健康上の問題がない人は、血液中に常時わずかなインスリンが分泌されています。 そして、食後に血糖値が高くなるとた […]
食後高血糖改善薬:速効型インスリン分泌促進薬
糖尿病の薬物療法で選択される薬の一種としては、食後高血糖改善薬を挙げることができます。 これは食後血糖降下薬と […]
インスリン分泌促進剤(グリニド薬)
糖尿病治療で薬物療法に使われる薬としては、いろいろな種類が挙げられます。 患者の状態に応じて使い分けられますが […]
α-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI薬)
食事のおよそ60%は糖質だと言われていますが、糖質は小腸でα‐グルコシダーゼと呼ばれる酵素の作用でブドウ糖に分 […]
インスリン抵抗性改善薬(チアゾリジン薬)
糖尿病の薬物療法で使われている薬の種類の一つとして、インスリン抵抗性改善薬というものがあります。 今回はこのイ […]

トラックバックURL

http://tonyobyo.minaoso.info/%e3%83%93%e3%82%b0%e3%82%a2%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%83%89%e8%96%ac/trackback/