スルホニル尿素薬(SU薬)

スルホニル尿素薬(SU薬)

健康上の問題がない人は、血液中に常時わずかなインスリンが分泌されています。
そして、食後に血糖値が高くなるとたくさんのインスリンが追加で分泌されて、血液中のブドウ糖が一定量維持されるように血糖がコントロールされます。

2型糖尿病にはインスリンが分泌される機能が弱まって分泌量が減少して、血液中のブドウ糖が処理できずに高血糖になるタイプがあります。
さらに、インスリンの効き目が弱まって、血液中のブドウ糖とが処理できずに高血糖となるタイプもあります。
スルホニル尿素(SU)薬はインスリンの分泌する機能が弱まるタイプに効果を発揮し、膵臓のランゲルハンス組織に存在するインスリンを分泌するβ組織に直接はたらきかけます。
そして、分泌をうながして、常時行われるインスリン分泌の量を増やすとともに、食後追加で分泌されるインスリン量を増加させて、血糖値を低下させます。

スルホニル尿素(SU)薬が用いられるのは、肥満傾向になく、食事療法や運動療法を行ってもインスリンの基礎分泌量に変化がない人、空腹時血糖値が高めの人などです。
膵臓でインスリンの分泌が可能であっても、分泌量がわずかなために血糖コントロールがうまくいかない場合に効果を発揮すると言われています。
スルホニル尿素(SU)薬を用いてる場合、並行して食事療法や運動療法を継続する必要があります。
薬を使用したばかりの頃はそれだけでも血糖値が改善されることが多いですが、しばらくすると肥満になりやすくなって血糖コントロールが困難となりやすいというのがその理由です。
食事療法や運動療法を継続しても少しずつ薬の効果が薄くなることはあり、その場合はほかの薬にかえるか併用するかなんらかの対策を講じたほうがいいでしょう。

スルホニル尿素(SU)薬は血糖値を低下させる働きが強いこと、インスリンの分泌に直接働きかけることから、低血糖が生じやすいというリスクがあります。
その場合は、適切な処置をする必要があるでしょう。

スポンサーリンク

スルホニル尿素薬(SU薬) 関連ページ

薬物療法の特徴や注意点
糖尿病の治療としては食事療法、運動療法、薬物療法を挙げることができます。 ここではこれらの治療法のうち、薬物療 […]
インクレチン関連薬(GLP-1受容体作動薬)
食事療法や運動療法をおこなっても血糖コントロールが上手くいかない場合、糖尿病の治療法の一つである薬物療法が選択 […]
食後高血糖改善薬:速効型インスリン分泌促進薬
糖尿病の薬物療法で選択される薬の一種としては、食後高血糖改善薬を挙げることができます。 これは食後血糖降下薬と […]
インスリン分泌促進剤(グリニド薬)
糖尿病治療で薬物療法に使われる薬としては、いろいろな種類が挙げられます。 患者の状態に応じて使い分けられますが […]
α-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI薬)
食事のおよそ60%は糖質だと言われていますが、糖質は小腸でα‐グルコシダーゼと呼ばれる酵素の作用でブドウ糖に分 […]
ビグアナイド薬(BG薬)
肝臓では常時ブドウ糖が生み出され、血液中に流れ出しています。 肝臓で糖をつくる過程は、分解と糖新生に大別するこ […]
インスリン抵抗性改善薬(チアゾリジン薬)
糖尿病の薬物療法で使われている薬の種類の一つとして、インスリン抵抗性改善薬というものがあります。 今回はこのイ […]

トラックバックURL

http://tonyobyo.minaoso.info/%e3%82%b9%e3%83%ab%e3%83%9b%e3%83%8b%e3%83%ab%e5%b0%bf%e7%b4%a0%e8%96%ac%ef%bc%88su%e8%96%ac%ef%bc%89/trackback/