インスリン分泌促進剤(グリニド薬)

インスリン分泌促進剤(グリニド薬)

糖尿病治療で薬物療法に使われる薬としては、いろいろな種類が挙げられます。
患者の状態に応じて使い分けられますが、その中の一つとしてはインスリン分泌促進剤があります。
グリニド薬とも呼ばれていますが、効果をはじめ副作用や注意点、おもな薬の種類についてここでは説明していますので、参考情報としてお役立てください。

インスリン分泌促進剤の効果

この薬は経口薬であり、服用することでインスリンの分泌が促されるという効果が得られます。
服用後30分ほど経過すると効果があらわれて、2~3時間すると効果が失われるのが特徴です。

効果があらわれるまでの時間と効果の持続時間が短いのがインスリン分泌促進剤なのです。
なお、こうした特徴があることから、食事の前に飲み、食後血糖値の上昇を抑制することを目的に使用する形になります。

そのほか、インスリン分泌促進剤は、単品で使用されるのではなく、別の薬と併用する形になるケースもあります。
その場合、α-グルコシダーゼ阻害薬という、糖の吸収を遅くする効果のある薬と一緒に使用していくことになるでしょう。

副作用や注意点

インスリン分泌促進剤を服用することで引き起こされる可能性のある副作用は、低血糖です。
薬物療法で使用されている薬の中では比較的起こりにくいといわれていますが、使い方を誤るとリスクが増大します。

たとえば食事の前ではなく食後に飲んでしまった場合、血糖値が高まるタイミングにズレが生じ、副作用を招いてしまうことになるのです。
そのため、飲むタイミングには十分に注意し、服用するのを忘れてしまった場合には、次回の食前まで服用しないのが無難です。

おもな種類

インスリン分泌促進剤といっても複数の種類があります。たとえばナテグリニドという一般名の薬があり、スターシス、ファスティックという商品名の種類があります。
また、ミチグリニドカルシウム水和物という一般名を持つ薬もあり、商品名はグルファストといいます。

スポンサーリンク

インスリン分泌促進剤(グリニド薬) 関連ページ

薬物療法の特徴や注意点
糖尿病の治療としては食事療法、運動療法、薬物療法を挙げることができます。 ここではこれらの治療法のうち、薬物療 […]
インクレチン関連薬(GLP-1受容体作動薬)
食事療法や運動療法をおこなっても血糖コントロールが上手くいかない場合、糖尿病の治療法の一つである薬物療法が選択 […]
スルホニル尿素薬(SU薬)
健康上の問題がない人は、血液中に常時わずかなインスリンが分泌されています。 そして、食後に血糖値が高くなるとた […]
食後高血糖改善薬:速効型インスリン分泌促進薬
糖尿病の薬物療法で選択される薬の一種としては、食後高血糖改善薬を挙げることができます。 これは食後血糖降下薬と […]
α-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI薬)
食事のおよそ60%は糖質だと言われていますが、糖質は小腸でα‐グルコシダーゼと呼ばれる酵素の作用でブドウ糖に分 […]
ビグアナイド薬(BG薬)
肝臓では常時ブドウ糖が生み出され、血液中に流れ出しています。 肝臓で糖をつくる過程は、分解と糖新生に大別するこ […]
インスリン抵抗性改善薬(チアゾリジン薬)
糖尿病の薬物療法で使われている薬の種類の一つとして、インスリン抵抗性改善薬というものがあります。 今回はこのイ […]

トラックバックURL

http://tonyobyo.minaoso.info/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%b3%e5%88%86%e6%b3%8c%e4%bf%83%e9%80%b2%e5%89%a4%ef%bc%88%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%89%e8%96%ac%ef%bc%89/trackback/