インクレチン関連薬(GLP-1受容体作動薬)

インクレチン関連薬(GLP-1受容体作動薬)

食事療法や運動療法をおこなっても血糖コントロールが上手くいかない場合、糖尿病の治療法の一つである薬物療法が選択されます。
さまざまな薬の中から患者の状態に合った薬が選択されることになるのですが、注射薬のインクレチン関連薬を使用することになるケースもあります。

インクレチン関連薬はGLP-1受容体作動薬とも呼ばれますが、どういう効果があり、また副作用としては何が起こり得るのでしょうか。
そしてインクレチン関連薬としてはどんな種類があるのか、ここではこれらのことについて取り上げていますので、薬の知識を深める一助となれば幸いです。

インクレチン関連薬の効果

インクレチン関連薬のインクレチンとはホルモンの一種であり、食事を摂ると腸から分泌されるという性質があります。
そしてこの分泌されたインクレチンの中にはGLP-1と呼ばれる物質が存在しており、これがインスリンの分泌を促進するという作用をもたらしてくれるのです。

ただ、DPP-4と呼ばれる酵素によって分泌されたGLP-1の多くが分解されてしまうのが難点なのです。
このGLP-1の弱点を克服したのがインクレチン関連薬であり、人工合成薬であることからDPP-4の影響を受けにくく、インスリンの分泌がスムーズにおこなわれるようになります。

したがって、糖尿病であってもインスリンの分泌が少しでもおこなわれている人や、インスリンの作用が悪くなっている人がこの薬を使用する形になるのが一般的です。
なお、インクレチン関連薬はインスリンが分解されず分泌が促進されるという効果のほか、食後のブドウ糖が増加したタイミングでインスリン分泌が促進されるため、低血糖の副作用が出にくいというメリットがあります。
また、食欲抑制作用もこの薬にはあり、体重が増量してしまうのを防止する効果も期待できるのです。

副作用や注意点

インクレチン関連薬を使用して引き起こされるリスクのある副作用としては、嘔気のほか、下痢や便秘といったものが挙げられます。
また、低血糖を起こしにくいと前述しましたが、別の薬と一緒に使っている場合は低血糖になる可能性があるため注意が必要です。

おもな種類

代表的なインクレチン関連薬としては、一般名がエキセナチド、商品名がバイエッタというものがあります。
ほかにも、一般名がリラグルチド、商品名がビクトーザという薬も取り扱われています。

スポンサーリンク

インクレチン関連薬(GLP-1受容体作動薬) 関連ページ

薬物療法の特徴や注意点
糖尿病の治療としては食事療法、運動療法、薬物療法を挙げることができます。 ここではこれらの治療法のうち、薬物療 […]
スルホニル尿素薬(SU薬)
健康上の問題がない人は、血液中に常時わずかなインスリンが分泌されています。 そして、食後に血糖値が高くなるとた […]
食後高血糖改善薬:速効型インスリン分泌促進薬
糖尿病の薬物療法で選択される薬の一種としては、食後高血糖改善薬を挙げることができます。 これは食後血糖降下薬と […]
インスリン分泌促進剤(グリニド薬)
糖尿病治療で薬物療法に使われる薬としては、いろいろな種類が挙げられます。 患者の状態に応じて使い分けられますが […]
α-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI薬)
食事のおよそ60%は糖質だと言われていますが、糖質は小腸でα‐グルコシダーゼと呼ばれる酵素の作用でブドウ糖に分 […]
ビグアナイド薬(BG薬)
肝臓では常時ブドウ糖が生み出され、血液中に流れ出しています。 肝臓で糖をつくる過程は、分解と糖新生に大別するこ […]
インスリン抵抗性改善薬(チアゾリジン薬)
糖尿病の薬物療法で使われている薬の種類の一つとして、インスリン抵抗性改善薬というものがあります。 今回はこのイ […]

トラックバックURL

http://tonyobyo.minaoso.info/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%ac%e3%83%81%e3%83%b3%e9%96%a2%e9%80%a3%e8%96%ac%ef%bc%88glp-1%e5%8f%97%e5%ae%b9%e4%bd%93%e4%bd%9c%e5%8b%95%e8%96%ac%ef%bc%89/trackback/