血糖値を下げるサプリメント徹底比較ランキング!!

*

血糖値を下げるサプリメント比較ランキング!!

『血糖値を下げるサプリメント徹底比較ランキング!!』では、血糖値の改善を目指す皆様が最適のサプリメントを見つけていただけるよう最新の情報をご紹介しています。

楽に血糖値を下げたい方におススメの方法

血糖値の上昇を指摘され、糖尿病の予防の為に運動や食事で血糖値を下げる努力をされている方が大勢いらっしゃいます。
ところが中々成果が出ず、途中で挫折する方も大勢いるというのが現状です。
血糖値の上昇や糖尿病は初期・中期では、ほとんど症状が無い為、頑張っても成果が見えにくいというのも継続が難しい要因の一つですね。

こちらでは、血糖値を下げる効果のあるサプリメントとして人気のある商品をご紹介しています。
ぜひ、楽に継続して血糖コントロールを続けていく、補助としてこれらのサプリメントご検討されてみてはいかがでしょうか。


血糖値を下げるサプリメントランキング

第1位

アラプラス糖ダウン

アラプラス糖ダウンの特徴
  • 食品の持つ働きを分かりやすく表示できる「機能性表示食品制度」に「アラプラス 糖ダウン」に消費者庁に受理!その実力が証明されました。
  • 一般的な血糖値対策サプリメントが糖の吸収を抑えるのに対し、アラプラス糖ダウンは、細胞内で吸収した糖の燃焼を促す事で血糖値の上昇を抑制します。


  • 公式サイトはこちら

アラプラス糖ダウンの総評

「アラプラス 糖ダウン」の飲むタイミングはご自分がお好きな時に、しかも1日1カプセル。 「アラプラス 糖ダウン」に含まれる5-アミノレブリン酸リン酸塩(ALA)の働きで代謝機能が活性化する事で、血糖値の抑制だけでなく美肌効果ダイエット効果も期待できる優れものなのです
実際に購入してみました! 詳細ページはこちら
第1位

サラシアプラス

サラシアプラスの特徴
  • メディアやSNSなどの口コミで何度も取り上げられたり多くの有名ブログで紹介され、一時は在庫切れが続いていたほど大人気の商品です。
  • サラシアプラスによる糖対策の成功率は驚きの96%を達成!これまでの糖対策で失敗続きだった方、我慢なしで効果的な糖対策をしたい方、必見です!

    公式サイトはこちら

サラシアプラスの総評

サラシアには特有成分のサラシノールやコタラノール、カテキンやタンニンなどのポリフェノールが含まれています。 サラシアプラスには、糖の体内吸収を抑えるサラシア、ギムネマ、桑の葉、緑茶、ウコン、オルニチンを含めた計11種類の健康成分が配合されています。 糖対策をサポートするだけでなく、体の健康を丸ごとサポートしてくれます。
実際に購入してみました! 詳細ページはこちら
第2位

白井田七人参

白井田七人参の特徴
  • 2013年楽天ウィークリーランキング、ハーブ・加工食品ランキングで7週連続1位、50,000本突破、94%が実感(さくらの森調べ)のめぐり系サプリです。
  • とくに糖のことが心配だという人の食生活を助けるということで、健康維持のためにと飲み続けている人が多いのも、この商品の大きな特徴となっています。

    公式サイトはこちら

白井田七人参の総評

サポニン、フラボノイド、必須アミノ酸をはじめとする栄養成分豊富な田七人参を、ほぼ丸々サプリメントの形で凝縮し、完全無添加有機栽培という品質の商品として、多くのリピーターを獲得しています。 朝鮮人参や高麗人参と並び、いまや知る人ぞ知る健康や美容のすっきり素材の田七人参の栄養成分が摂れるということで、2014年以降も売れ続けているサプリメントなのです。
詳細ページはこちら
第2位

桑粒習慣プレミア

桑粒習慣プレミアの特徴
  • ランキングでトップに君臨した実力、2014年、株式会社ネオマーケティング調べによる食品の糖・脂肪・コレステロールを気にしている人が選ぶ健康食品の人気度第1位に輝いた商品が、桑粒習慣プレミアです。
  • 累計330,000人が体験(2014年7月時点桑シリーズ)しています。評判が評判を呼び、桑粒習慣プレミアをはじめる人が多数います。

    公式サイトはこちら

桑粒習慣プレミアの総評

220mg×180粒入り、1袋約60回分が税抜4,500円、送料別で販売されています。 消費税や送料を含めなければ1粒あたり25円というリーズナブルさです。 なお、桑の葉と杜仲は農薬不使用栽培となっており、キノコキトサンは含有量がきのこ類の中でもっとも優れているエノキダケが採用されているため、品質にこだわりたい人も納得できるのではないでしょうか。
実際に購入してみました! 詳細ページはこちら
第3位

神の草ヒュウガトウキ

神の草ヒュウガトウキの特徴
  • 2013年楽天ウィークリーランキング、ハーブ・加工食品ランキングで7週連続1位、50,000本突破、94%が実感(さくらの森調べ)のめぐり系サプリです。
  • とくに糖のことが心配だという人の食生活を助けるということで、健康維持のためにと飲み続けている人が多いのも、この商品の大きな特徴となっています。

    公式サイトはこちら

神の草ヒュウガトウキの総評

ダイエットをしたい人、いつまでも美しくありたい人、甘いものや塩味のきいた濃い味付けの食事が好きな人に神の草ヒュウガトウキは人気があります。 お茶タイプの神の草ヒュウガトウキのお茶と、サプリメントタイプの神の草ヒュウガトウキのめぐみの2種類が用意されています。
実際に購入してみました! 詳細ページはこちら

糖尿病対策は「血糖コントロール」の一語に尽きます

糖尿病を発病されている方に取っては、糖尿病と永く適正な関係でお付き合いをして行く。
また、境界型や健康診断でやや血糖値が高い事を指摘された方は、糖尿病にかからないようにする。

この鍵を握るのは、「血糖コントロール」の一語に尽きます。

基本的に血糖値が、正常値であれば糖尿病を発病することはありませんし、現在高い方も投薬治療はもちろん、適正な食事や運動を行う事で血糖値を下げることも可能です。
当サイトでは、血糖値を下げることをメインにどしどしと情報提供させて頂きます。ぜひ参考に血糖値改善にお役立て下さい。

食事で血糖値を下げる

血糖値が上昇する要因は、ストレスや遺伝など食事以外の部分もありますが、どのような状況であれ食事の部分が最も影響を及ぼしています。
血糖値を下げる為の食事療法について、すべての人に共通するという方法はありません。最適な食事療法は、その人の状況や治療目的によって違っているのです。

食事療法の目的としては血糖値の管理はもちろん、コレステロール、血圧、体重を管理するということが挙げられます。また、糖尿病であると診断された場合には、合併症を予防するために高脂血症や高血圧、肥満を改善することなどもそうです。
発病された場合には、病院などで空腹時や食後の血糖値、長期での血糖値の動きをみるヘモグロビンA1c検査結果をもとにして、自分の状況と目的を明確にしておくことが大切です。

食事療法において実践される代表的な手法は、ふたつあります。そのひとつが、「食品交換表」を活用するものです。これは、エネルギーを制限しながら栄養のバランスを整えるというものです。
同じような栄養素を含んでいる食品が6つのグループに分けられていて、それぞれのグループから摂取するものの「単位数」を決めることによって、全体の栄養バランスを保つようにします。

減量が必要である人、またバランスの良い食事に関して知識が不足しているという人に適している食事療法です。ただ、血糖値が安定していないことで問題になっている場合、また集中的に血糖値の管理をしたいという場合には向いていません。

もうひとつは、「カーボカウンティング」という手法です。
これは、炭水化物の摂取量を調整することによって血糖値を管理するという方法です。
三大合併症である糖尿病腎症、糖尿病神経障害、糖尿病網膜症の予防にもつながるものとなっています。

諸外国ではすでに広く導入されているのですが、日本においては比較的新しい食事療法として取り入れられています。減量する必要がなく、すでにバランスの良い食事はしているという人に適しています。
理想の食事療法は、一般的な栄養バランスが良い食事をしつつ、血糖値を管理することです。
あくまでも、自分のライフスタイルに合っている食事療法を実践していくことが大切です。

運動で血糖値を下げる

運動療法においては、血糖値や脂肪代謝の改善に向けた取り組みが行われます。
糖尿病の治療になるだけでなく肥満が改善されますし、筋肉や肝機能の処理能力が改善されるなどといった効果もありますので糖尿病の予防につながる事は言うまでもありません。

推奨されている運動療法としてはウォーキングやジョギング、水泳、自転車などといった有酸素運動が挙げられます。
全身の大きな筋を使用するものであるため、遊離脂肪酸の利用をうながすという効果があります。

必要な時間に関しては、以前は1回に20分以上続けることが必要であるとされていましたが、最近では20分でも10分×2回でも同様の効果かが期待できるという見解が主流です。運動の強さに関しては、ややきついという程度にすることが理想的です。
具体的には心拍数が1分間に100から120、最大酸素摂取量の40%から60%程度になると良いとされています。

運動の頻度は、最低でも1週間に3日以上になるようにします。
もちろん毎日行うことができれば、それが理想です。

普段の生活サイクルの中で、実施することのできるタイミングについてしっかり計画していく必要があります。
食事をとってから1時間後に運動すると、食後の血糖状態について抑制される効果があるため、タイミングとしてはもっとも良いでしょう。
運動療法の計画は自分で立てても良いのですが、できれば病院などで専門家によるチェックを受け、個人の体力や健康状態などを総合的に考慮した上で計画を立てて実行していきましょう。

運動で血糖値を下げる際の注意点

糖尿病の人や血糖値が高めで数値が気になる人が、運動でコントロールしようという場合には、注意しなければいけないことがあります。
順に説明していきますので、これから運動をスタートしようと思っている人はチェックしてみるとよいでしょう。
なお、既に糖尿病と診断されている人は、医師の指示にしたがってください。

運動の基本

運動をする習慣がなかった人はいきなり無理をすると怪我をする恐れがありますので、少ない運動量からはじめ、慣れると共に徐々に多くしていきましょう。
また、体調が悪いときは運動は休み、運動中も体調が悪くなったら運動をやめ、病院を受診することが大切です。
それから、いきなり運動をはじめるのではなく準備運動をおこない、終わったあとは整理運動をおこないましょう。

運動が制限されたり禁止されるケース

該当するケースとしてはまず、食欲低下、嘔吐、下痢、発熱、膝痛、腰痛といった体調不良がある場合、過度に血糖値が高い場合が挙げられます。
そのほか、糖尿病により腎機能が下がっている場合、眼底出血を引き起こしている場合も同様です。また、心臓などを悪くしている人も運動が制限されることになるでしょう。

低血糖のリスク

糖尿病の薬物療法を受けている人は、体を動かしている最中に低血糖の状態に陥ってしまう危険性があります。
そのため、対策としてブドウ糖やショ糖が多く含まれているものをすぐに摂れるようにしておくと安心です。

脱水のリスク

運動をおこなうと発汗により脱水状態に陥る恐れがあり、糖尿病患者は健常な人よりもドロドロ血液になりやすいです。
したがって、脱水の対策として、カロリーが含まれていない水をこまめに摂ることが大切です。

怪我による細菌感染のリスク

糖尿病を引き起こしている人は、怪我をすると細菌感染を招く危険性が高いのが特徴です。
足の感覚が鈍く痛みに気付かず、深刻な状態に陥りかねませんので、少しの傷も見逃さないようにしたり、自分の足にあった靴を履くことが大切です。